商店街ルール改定について(2022年9月18日更新)

最終更新日

最近、商店街にて、作りかけのまま何ヶ月も放置されたり、お店としての機能がないままである地区があり、経済の活性化の観点や他の出店希望者さんもいることから、この度ルールを改定することとなりました。また、ついでに休業、閉店に関しても明文化しました。

2022年9月18日に改定しました。(改訂部分を赤文字にしています)

  • 土地の受け渡し後、30日以内にお店としての設備が整っていない(お店の外観、内装がない・商品の売買を行なっていないもしくは、一つの商品のみや、買取しか行われていないなど不十分である)場合、お店を撤去します。
  • 180日以上ログインしていない場合は、お店を撤去します。
  • 3ヶ月以上、お店の品が切れているにも関わらず、商品の入荷などを行わなかった場合、お店を撤去します。
  • お店の閉店を行う場合は、目立つ場所(お店の入り口など)に看板を設置してください。看板設置から30日後に土地の利用権限を外します。
  • お店の休業は6ヶ月未満なら可能です。休業する場合は、目立つ場所(お店の入り口など)に看板を設置してください。180日以上休業した場合には、お店の撤去などを行います。
  • 富豪ランキング(/money top)10位以上の価格で販売している商品については、当ルールでの「商品」としての定義にはなりません。
  • ショップは1人1区画までしか利用できません。
  • いずれの場合も、土地の利用停止1週間前までに、その旨のお知らせをサーバー内メールにて行います。
  • 撤去後は、ショップの中身は残りませんのでご注意ください。

 

なお、2022年9月25日に施行を予定しています。

 

【補足】

※ 1番上の「受け渡し」とは”運営が”受け渡したという意味も含まれます。なので、新しくショップを作る時、ショップを移転する時にこのルールが適応されます。

お店を商店街内で移動する場合、新しい区画を受け取ってから30日以内に昔の店を撤去してください。

Avatar photo

1necat

シェアする