リソースパックについて

はじめに

当サーバーでは皆様に追加要素を視覚的にも楽しんでいただくために専用のリソースパックを配布しています。

※Mod「Optifine」もしくは「CIT Resewn」が必要です。

Forge環境やOptiFabricを使ってFabric環境でOptifineを使っている場合はOptifineを、

SodiumなどOptifine以外のFabric環境用軽量化Modを使っている場合はCIT Resewnを導入するのがおすすめです。

リソースパックのダウンロードはこちらをクリック!(zipファイルをダウンロードします)

リソースパックって何?

リソースパックとは、Minecraft内のブロックやアイテム等の見た目(描写)を変えることができるMinecraftの要素の一つです。

リソースパックの中でも大規模なものになるとPCへの負荷が生じるものもありますが、当サーバーのものは現在のところ一部アイテムの描写のみ変更している状態ですので、負荷等は少なくなっております。

当サーバー専用リソースパック「MOFUPack」の概要

  • 作成者 kokkusan593、v4.6以降turu64も (その他複数の方々にテクスチャを頂いています)

リソースパックを使うには

では、使用方法についてご紹介していきます。リソースパック「MOFUPack」を使用するには2つのパターンがあります。どちらにおいても、Mod「Optifine」もしくは「CIT Resewn」が必要です。

(導入方法を検索すると非常にわかりやすく解説している方もいますので、当サイトではあまり理解できなかったという場合は是非そちらもご参照ください。)

 

パターン1

パターン1では、もふくらふとサーバーにログインした時に自動で最新のリソースパックをダウンロードして適用する方法を紹介します。

メリット:パターン2に比べて、リソースパックは自動でダウンロードされるため新バージョンに更新する際の手間が少ない。

デメリット:ログインした時に毎回ダウンロードし直して再読み込みをするため、ログイン後の数秒間に読み込み画面が表示されます。

  1. Minecraftのタイトル画面から説明します。「マルチプレイ」を開きます。
  2. 登録しているサーバーが一覧で表示されます。もふくらふとサーバーを選んで、左下の「編集」を開きます。
  3. 「サーバーリソースパック」を「毎回確認」または「有効」にクリックで変更します。「毎回確認」の設定では、ログイン時にポップアップ表示でリソースパックをダウンロードするか毎回聞いてきますので、「有効」がおすすめです。

 

パターン2

パターン2では、一般に配布されるリソースパックのように、リソースパックの.zipファイルを手動で公式サイトや公式Discordからダウンロードしresoucepacksフォルダに配置して適用する方法を紹介します。

メリット:パターン2で表示されるログイン後数秒間の読み込み画面が表示されないので、ログイン後すぐに動けます。

デメリット:リソースパックが更新されバージョンが上がった時、手動で再ダウンロードする必要があります。

  1. こちらから当サーバーのリソースパックをダウンロードしてください。解凍する必要はありません
  2. Minecraftを開き、「設定」を開きます。

4. 「リソースパック」を開きます。

5. 「リソースパックフォルダーを開く」を押すとファイルが表示されるので、先ほどダウンロードしたファイルを貼り付けます。

6. MOFUPackの「▶」をクリックします。

7. すると、「使用中のリソースパック」の方にMOFUPackが移動するので、「完了」を押します。

8. 「Mojang」と書かれたロード画面が表示されるので少し待つと、元の画面に戻ります。

これで、導入は完了です。

もし上手くいかない場合は、当サーバーのDiscord等にてお気軽にお尋ねください!

上手くテクスチャが反映されない例

・(Optifine利用の場合)設定→ビデオ設定→品質の設定のカスタムアイテムが「オン」になっていない。